パーソナルツール

論文募集

シンポジウムへの論文募集案内です。受け付けは終了致しました。多数のご投稿ありがとうございました。

スケジュール

  • 投稿締切: 平成 29 年 9 月 19 日 (火) 23:59 (JST) に延長しました!
  • 採否通知: 平成 29 年 10 月 23 日 (月) 以降のできるだけ早い時期
  • 最終原稿提出締切: 平成29年 11 月 13 日 (月)

表彰・冠賞

本シンポジウムでは、優秀な発表に対する表彰制度を設けております。従来の表彰制度に加え、協賛企業によるスポンサーシップのもと、特定分野の優れた論文に対して表彰を行う「冠賞」をIOTS2016に引き続き導入します。

冠賞

IOTS2017冠賞を紹介します(申し込み順)。冠賞は,協賛企業により授賞対象者を決定いたします。

  • IOTS2017 アリスタネットワークス賞
    • 対象領域: クラウド・ネットワークの性能、運転状態やトポロジ状態の可視化など運用領域に適用できるもので、創意工夫のある内容と認められるもの。
  • IOTS2017 パロアルトネットワークス賞
    • 対象領域: ネットワークセキュリティレベル向上や自動化による運用軽減などに関する研究
    • 賞品: 次世代ファイアウォールPA-220(1年間のフルサブスクリプションライセンス付)(入手が困難であった場合には、代替品をご提供させていただく場合がございます)
  • IOTS2017 PTCジャパン賞
    • 対象領域: IoTを使ったスマートシティ(AR/VRも含めれば,なおOK)
    • 賞品: PTC ThingWorx(IoTプラットフォーム クラウド込み)の年間使用権
  • IOTS2017 シスコシステムズ賞
    • 対象領域: 通信機器に対するプログラミング技術の適用
    • 賞品: プログラミングの学習や簡単なアプリ構築を気軽にお楽しみ頂けるプラットホームとしてのMini PCキット

    投稿フォーマット

    本シンポジウムの執筆要領は情報処理学会の「研究報告原稿 (PDFファイル) 作成について」に準拠します (A4縦、2カラム)。ページ数は 8 ページ以内とします。スタイルファイル、テンプレートファイルは学会指定のものを利用して下さい。なお、カメラレディ提出後、印刷会社にてヘッダを本シンポジウム用に書き換えせていただきます。

    投稿方法

    インターネットと運用技術シンポジウムでは、論文投稿およびその査読をスムーズに行うために EasyChair を利用しております。投稿の仕方について説明します。

    1. IOTS2017 の投稿ページ にアクセスします。

    2. 既にアカウントがある場合にはそのアカウントでログインして下さい。アカウントがない場合にはアカウントを作成し、ログインして下さい。"New Submission for IOTS 2017" という表示のあるページが論文投稿用のページとなります。

    3. 入力する論文情報の言語は、論文の記述言語に従います。和文の論文を投稿する場合は著者情報も和文で、英文の論文を投稿する場合は著者情報も英文で記載して下さい。

      • 第一著者の情報を "Author 1" に記入して下さい。必須情報は First name, Last name, Email, Country, および Organization です。

      • 少なくとも 1 人の著者が必要であり、共著者がいる場合は Author 2 以降に共著者情報を記入して下さい。"Click here to add more authors" を押せば共著者情報の入力欄を増やすことができます。

      • "corresponding author" のチェックボックスを ON にすると、その著者あるいは共著者が連絡担当者となります。

      • 論文のタイトルを "Title" に、概要を "Abstract" を入力して下さい。HTML タグは使えません。

      • 論文のキーワードを 3 つ以上、"Keywords" に入力して下さい。1 行で 1 キーワードを入力して下さい。コンマ区切りではありません。

    4. "Uploads" で PDF 形式の論文ファイルを選択します。論文ファイルを指定しなくとも Submit は出来ますが、〆切以降のアップロードは認めません。

        • PDFファイルは20MBまでアップロード可能です。

    5. "Submit" ボタンを押して登録して下さい。確認ページが表示されましたら投稿手続きは完了です。入力項目に不足していると訂正を求められますので指示に従って下さい。受領確認のメールが連絡先著者 (corresponding author のチェックが入った著者) の電子メールアドレス宛てに届きます。

    照会先

    • 論文投稿に関する照会先: iots2017-at-mail.iot.ipsj.or.jp (-at- を @ に置き換えて下さい)
    • その他に関する照会先: 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5 化学会館4F (社) 情報処理学会シンポジウム係
      E-mail: sig-at-ipsj.or.jp (-at- を @ に置き換えて下さい)
    ドキュメントアクション