2021年度第2回(IOT通算第54回)研究会プログラム

IOT54は情報処理学会インターネットと運用技術研究会 (IOT)主催の研究会です。

トピック

インターネット、システム運用技術、管理システム、情報倫理教育,一般

日程

2021 年 7 月 9 日 (金) 10:0017:50

開催場所

原則オンライン開催となります。
(九州工業大学の方はオンサイト会場となる百周年中村記念館(九州工業大学 戸畑キャンパス)から参加できます)
参加するには、情報処理学会の以下のマイページで登録が必要です。登録は当日でもできます。
非会員の方も、マイページの開設が必要になります。
情報処理学会「マイページ」
利用方法: https://www.ipsj.or.jp/member/mypage_index.html
ログイン: https://www.ipsj.or.jp/mypage2.html
申込方法の詳細については、「イベントへ参加申込される方へ」(https://www.ipsj.or.jp/member/event_moshikomi.html)をご覧ください。

情報処理学会「マイページ」へログイン後、「会員メニュー」の「イベント一覧・申込」から、「第54回インターネットと運用技術研究発表会」を選択してお申し込みください。参加費のお支払いは、マイページ経由となります。

参加種別費 用
IOT研究会登録会員0円
ジュニア会員0円
情報処理学会名誉会員、正会員、賛助会員1,500円
情報処理学会学生会員500円
非会員(一般)2,500円
非会員(学生)1,000円

Time Table

7/9 (Fri) 6/30更新

時間セッション
10:00 – 10:10オープニング
10:10 – 11:25COVID-19対応
12:50 – 14:50招待講演
15:05 – 16:20基盤構築・運用・監視
16:35 – 17:25キャンパス情報サービス
17:25 – 17:50藤村賞受賞式・クロージング

7/9(金) 18:30より,Zoomを用いたオンラインでの情報交換会を実施予定です。

一般講演は、1 件あたり 25 分 (発表 20 分 + 質疑 5 分) です。◯:登壇者、◎:学生登壇者

オープニング

Session1 COVID-19対応

座長:宮下 健輔

  1. 大学における新型コロナウィルス感染拡大防止のための健康調査入力簡易化システムの開発の試み
    ○山之上卓(福山大学), 成瀬悠朔(福山大学),尾関孝史(福山大学)
  2. フリーミアムサービス下のアカウントを迅速に組織管理へ移行する手法のデザイン -Zoomの全学緊急導入を例として-
    ○森村吉貴(京都大学),渥美紀寿(京都大学),古村隆明(京都大学)
  3. コロナ禍において、小規模ソフトウェア会社での在宅勤務移行時に発生したさまざまな事象の報告
    ○坂下秀(株式会社アクタスソフトウェア)

Session2 招待講演

座長:坂下 秀(株式会社アクタスソフトウェア)

  • 大学における情報環境整備の重要性と課題
    藤村直美(九州大学)
大学における最近の情報環境整備について,九州大学における取り組みを,情報統括本部の設立から,その後の活動について,筆者が直接かかわった活動について述べる.
具体的には,ソフトウェアの包括契約,電子メール,認証基盤,教育情報システム,PC必携化(BYOD),遠隔講義システム,Web学習支援システム,教育データの利活用,クラウドの活用,最後にISMS取得について,歴史的な経緯,現状,問題点,今後の課題等について述べる.
  • 京都大学での情報環境整備と COVID-19 の経験
    喜多一(京都大学)
現在の組織にとって情報環境の整備が重要であることは言うまでもないが,限られたリソースの中で,組織の能力構築,技術動向の把握と実務への展開などが求められる.
本講演では京都大学を例に近年の情報環境の整備として,事務業務系のクラウド移行,認証基盤の見直し,大学Webの更新,研究用の情報環境の整備,などを紹介するとともに,授業の全面オンライン実施やテレワークなど,情報環境の利活用状況が大きく変わった COVID-19 対応の経験について報告し,さらに今後の課題についても考えたい.
  • パネルディスカッション:大学における情報環境整備の過去・現在・未来

Session3 基盤構築・運用・監視

座長:三宅 悠介(GMOペパボ株式会社)

  1. GakuninRDMとオンプレミスNextCloudとの連携による研究不正対策基盤の構築と運用の提案
    ◎藤岡碧志(信州大学) ,岡崎裕之(信州大学),鈴木彦文(信州大学)
  2. 異種のソフトウェアを並走する環境における異常検知システムの適用
    ◎川村慎太郎(工学院大学), 水野修(工学院大学)
  3. Linux TC(Traffic Control)を用いた監視トラフィックの集約と複数の監視・解析基盤へのトラフィック転送
    ○岩本裕真(株式会社ブロードバンドタワー),阿部博(トヨタ自動車株式会社),遠峰隆史(情報通信研究機構)

Session4 キャンパス情報サービス

座長:小川 康一(群馬大学)

  1. 九州工業大学キャンパス無線LAN における端末の無線LAN 規格調査
    ○福田豊(九州工業大学),畑瀬卓司(九州工業大学),和田数字郎(九州工業大学),佐藤彰洋(九州工業大学),中村豊(九州工業大学)
  2. ACM SIGUCCSへのお誘い
    ○柏崎礼生(国立情報学研究所),山之上卓(福山大学),桝田秀夫(京都工芸繊維大学),三島和宏(東京農工大学)