平成30年度第4回 (IOT通算第44回) 研究会プログラム

IOT44は情報処理学会インターネットと運用技術研究会 (IOT)、電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会 (IA)、電子情報通信学会技術と社会・倫理研究会 (SITE) による合同研究会です。

トピック

インターネット,システム運用技術,管理システム,情報倫理教育,一般

日程

2019 (平成 31) 年 3 月 7 日 (木) ~ 8 日 (金)

開催場所

ホテルグランドエクシブ鳴門&ザ・ロッジ
(〒771-0376 徳島県鳴門市北灘町折野字上三津167-3)

連催

Time Table

Day 1 (3/7 (Thu))

時間Room ARoom B
09:55 – 10:00オープニング
10:00 – 11:40認証・認可マルウェア
13:00 – 13:50プライバシー技術者倫理
14:00 – 15:15権利保護運用管理
15:25 – 16:40国際動向/情報理論コンテナ/エッジ
16:50 – 18:30招待講演
19:00 – 21:00情報交換会

Day 2 (3/8 (Fri))

時間Room ARoom B
08:30 – 10:10Web技術システム
10:20 – 12:00ブロックチェーンIoT/セキュリティ
13:10 – 14:50TCP/無線LAN仮想通貨/ビットコイン
15:00 – 16:15ダイナミックグラフ/学習
16:15 – 16:35表彰式/クロージング

一般講演は、1件あたり 25分(発表15-20分) の予定です。◯:登壇者(◎は登壇者が学生)

Day 1 (9/27)

オープニング

Session1-A 認証・認可

座長:TBD

  • (1) ○森公希・居石峻寛・大平健司(徳島大):ネットワーク管理者によるTLS証明書検証の低コスト化
  • (2) 〇八切有市・青木茂樹・宮本貴朗(大阪府立大学):ユーザの行動パターンに注目した無線LAN利用における認証
  • (3) ○加森剛徳・前田香織(広島市大)・近堂徹・相原玲二(広島大):CP-ABEによる認可機構を備えたクラウドアプリケーション共有基盤の開発​

Session1-B マルウェア

座長:TBD

  • (4) 〇南辰典・青木茂樹・宮本貴朗(大阪府立大学):Doc2vecによるパラグラフベクトルを用いたマルウェア感染端末の検出
  • (5) 〇山之上 卓・長副誉司(福山大学):悪性Botnet包囲網のBotによるWannaCryのようなマルウェアの活動検知の試み
  • (6) 〇佐々木京香・佐々木良一・猪俣敦夫(東京電機大学):標的型攻撃におけるマルウェアの波及範囲の推定—感染範囲と経路の特定と可視化方法の開発—
  • (7) 〇深井亨・柿崎淑郎・廣瀬幸・猪俣敦夫(東京電機大学):メモリフォレンジックを用いたランサムウェア解析の提案

Session2-A プライバシー

座長:TBD

  • (8) 佐藤遼太・○居石峻寛・大平健司(徳島大):Tor64/Tor46: アドレス変換機構としてのTorの活用​
  • (9) 〇佐久間朱里・猪俣敦夫(東京電機大学):サイバー保険の調査・分析による加入率向上への提案

Session2-B 技術者倫理

座長:TBD

  • (10) ○越智徹(阪工大)・大谷卓史(吉備国際大)・杉山典正・中西通雄(阪工大):大学における消費者教育およびその技術者倫理教育コンテンツ作成と評価​
  • (11) ○北村浩(摂南大):有事のパーソナルデータIoTサービスのための合意形成の要件​

Session3-A 権利保護

座長:TBD

  • (12) 〇松浦優志・佐々木良一・猪俣敦夫(東京電機大学):デジタル遺品に対する外部記憶装置を用いた伝達ツールの開発
  • (13) ○池畑陽介・杉江典嗣(名張高):高等学校における映像作品制作に関わる権利処理についての課題​
  • (14) 〇嶋吉隆夫・久志 昇・笠原義晃・藤村直美(九州大学):九州大学における要機密情報の保護方法に関する一考察

Session3-B 運用管理

座長:TBD

  • (15) 〇上野 優・今井祐二(株式会社富士通研究所):SSH Kernel: Jupyter Notebookでサーバの遠隔運用手順を記述・実行するJupyter拡張の開発
  • (16) 〇長久 勝・政谷好伸(国立情報学研究所)・谷沢智史(株式会社ボイスリサーチ)・中川晋吾(有限会社カラビナシステムズ)・合田憲人(国立情報学研究所):Notebookを介した作業ノウハウの継承・移転を分析するための基盤
  • (17) 〇松浦敏雄(大阪市立大学):大規模CBTの実現のための課題と解決策

Session4-A 国際動向/情報理論

座長:TBD

  • (18) ○加藤尚徳(KDDI総合研究所)・鈴木正朝(新潟大/理研)・村上陽亮(KDDI総合研究所):いわゆるAIに関する国際規制動向調査報告 ~ ICDPPC2018における議論を中心として ~
  • (19) ○山條朋子(KDDI総合研究所):諸外国におけるモバイルインフラシェアリングの現状と競争上の課題
  • (20) ○森住哲也(神奈川大):情報理論的尺度に基づく家族的類似クラスターの順序関係の学習可能性について ~ ベイジアン逆強化学習の報酬を家族的類似度と見做すこととは何か? ~

Session4-B コンテナ/エッジ

座長:TBD

  • (21) 〇松本亮介・坪内佑樹・宮下剛輔(さくらインターネット株式会社):分散型データセンターOSを目指したリアクティブ性を持つコンテナ実行基盤技術
  • (22) 〇小林 海・木村隼人・大東俊博(東海大学)・渡邉英伸・相原玲二・近堂徹(広島大学):動的な機能変更を可能にするエッジコンピューティング基盤の実装と評価
  • (23) 〇中西建登・大坐畠 智・山本 嶺・加藤聰彦(電気通信大学):ネットワークの状況を考慮したコンテナ型コンテンツ配信基盤の検討

Session5-B 招待講演

座長:TBD

  • (24) ○坂口裕昭(IBLJ):四国アイランドリーグplusのデジタル戦略から見えるスポーツデータの可能性

Session6-A Web技術

座長:TBD

  • (25) 〇眞門裕伸・廣瀬幸・猪俣敦夫(東京電機大学):ブラウザの実装の差異を利用したプラットフォーム推定
  • (26) 〇澤田一樹・北口善明・山岡克式(東京工業大学):高速Web配信のためのコネクション集約とクロスオリジンサーバプッシュの実現
  • (27) 〇松本亮介(さくらインターネット株式会社)・近藤宇智朗(GMOペパボ株式会社):CRIUを利用したHTTPリクエスト単位でコンテナを再配置できる低コストで高速なスケジューリング手法

Session6-B システム

座長:TBD

  • (28) 〇奥村泰久・上原哲太郎(立命館大学):IDベース暗号を用いた実用的電子メールシステムの設計と実装
  • (29) 〇浜元信州・横山重俊(群馬大学)・竹房あつ子・合田憲人(国立情報学研究所):端末特定のためのログ解析クラウド環境の構築
  • (30) 〇石橋拓哉・小林海・大東俊博(東海大学)・土田光(日本電気株式会社)・金岡晃(東邦大学)・柿崎淑郎(東京電機大学)・相原玲二(広島大学):複数組織対応属性ベース暗号を用いたファイル共有システムの評価および考察
  • (31) 〇深谷健太・松原克弥(公立はこだて未来大学):ネットブート型シンクライアント群環境におけるOSキャッシュを活用するサーバ負荷分散手法

Session7-A ブロックチェーン

座長:TBD

  • (32) ○青木優介・大月 魁・金子孟司・坂野遼平・首藤一幸(東工大):ブロックチェーンシミュレータとその活用
  • (33) ○青木優介・首藤一幸(東工大):ブロックチェーンネットワークにおける隣接ノード選択方式
  • (34) ○金子雄介・田中俊太郎(三井住友フィナンシャルグループ/日本総研)・木村智行(三井住友フィナンシャルグループ)・奥村 潤(HAW)・長田繁幸(日本総研)・安土茂亨(chaintope):パブリックブロックチェーンを用いた正誤判定・結果共有システムの提案
  • (35) 〇高木誠也・柿崎淑郎・廣瀬幸・猪俣敦夫(東京電機大学):ブロックチェーンを使用したクラウド上でのソフトウェア著作権保護システムの提案

Session7-B IoT/セキュリティ

座長:TBD

  • (36) 〇飯田 良・猪俣敦夫・廣瀬 幸・柿崎淑郎(東京電機大学):動的な解析を用いたマイニングスクリプト検知手法の提案
  • (37) ○渡邉和祥・飯田勝吉・高井昌彰(北大):セキュリティとユーザビリティの両立を目指した仮想デスクトップを用いたサンドボックス利用環境の開発と評価
  • (38) 〇稲村勝樹・市村泰佑(東京電機大学):スマートウォッチの竜頭型コントローラを用いた暗証番号入力方法

Session8-A TCP/無線LAN

座長:TBD

  • (39) 〇佐藤将斗・堀込怜土・浅倉龍次・山井成良・北川直哉(東京農工大学)・大坐畠智(電気通信大学):任意のプロセスのMPTCPサブフロー情報取得および優先度設定を行うシステムコール群の実装
  • (40) ○鈴東佑馬・西村俊和・毛利公一・瀧本栄二(立命館大):MPTCPにおけるパス特性を考慮した輻輳制御アルゴリズム選択に関する検討
  • (41) ○岡田純代・李忠翰・石原智宏(富士通研):トラフィック集約点でのTCP解析による無線LANボトルネックの特定
  • (42) 〇竹田智洋・大平健司(徳島大学):WPA2-EnterpriseモードのAPに対するフレーム注入を用いた組織内無線APへの負荷試験手法

Session8-B 仮想通貨/ビットコイン

座長:TBD

  • (43) 〇板倉悠馬・猪俣敦夫(東京電機大学):Tangleの分裂攻撃に対する安全性検証
  • (44) 〇増山裕香・猪俣敦夫(東京電機大学):仮想通貨取引所におけるマルチシグネチャ対策状況の調査
  • (45) ○大月魁・青木優介・首藤一幸(東工大):ビットコインネットワークに対するリレーネットワークの影響
  • (46) ○神田伶樹・首藤一幸(東工大):ビットコインネットワーク上でのデータ伝搬遅延推定

Session9-A ダイナミック

座長:TBD

  • (47) 〇永井陽太・松原克弥(公立はこだて未来大学):高頻度な再配置を想定したコンテナマイグレーション機構の実現
  • (48) 〇古賀歩・石橋勇人(大阪市立大学):OpenFlowを用いた利用者にとって利便性の高い大規模組織向け仮想ネットワーク構成方式の提案
  • (49) 〇竹房あつ子(国立情報学研究所)・市川昊平(奈良先端科学技術大学院大学)・栗本 崇・合田憲人(国立情報学研究所):国際的なオンデマンドネットワークのためのトークンベース認証機構の研究

Session9-B グラフ/学習

座長:TBD

  • (50) ○金子孟司・坂野遼平・青木優介・首藤一幸(東工大):Detouring Skip Graph: 迂回経路を活用する構造化オーバレイ
  • (51) ○村上龍・松尾涼太郎・中村遼・大崎博之(関西学院大):ネットワークトポロジに対するK-SVD法による辞書構築の有効性に関する一検討
  • (52) 〇熊谷将也・松本亮介(さくらインターネット株式会社):侵入検知システムのためのグラフ構造に基づいた機械学習および可視化