「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策(案)」に対する情報処理学会インターネット運用技術(IOT)研究会の反対声明

平成 30 年 4 月 13 日の知的財産戦略本部会合・犯罪対策閣僚会議で「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策 (案)」等について議論され,短期的な緊急措置としてインターネットサービスプロバイダ (ISP) 事業者によるブロッキングが検討されています.

情報処理学会インターネットと運用技術 (IOT) 研究会には,学術機関や企業など組織のネットワークを管理運用している研究者・技術者が数多く参加しています. 我々はそれぞれの組織ネットワークの維持管理はもちろん, インターネット全体の健全な発展のため研究や技術開発, ステークホルダ間の調停など様々な業務に勤しんでいます.

このような立場から, IOT 研究会は以下の理由により今回のブロッキングに反対します.

ブロッキングには特定の IP アドレスへの通信を遮断する手法や DNS を利用する手法などいくつかあり, そのどれもが手間に見合う十分な効果を生じないことがわかっています. しかも,ブロッキング対象となる通信だけでなく全ての通信にその影響が及ぶ可能性があり, 効率的でありません. さらに, 手法によっては憲法に謳われている通信の秘密を侵害するおそれがあります.

もちろん, 我々は海賊版配信サイトの存在やそれらが利用されている状況を憂慮していますし, 漫画に限らずインターネット上のコンテンツが健全に流通し発展していくことを願ってやみません. しかし, 今回のような状況に対してブロッキングのように ISP の運用でカバーすることは副作用も大きく非効率的です. それよりも, ホスティングサービス運営者やコンテンツデリバリネットワーク側へのコンテンツ削除要請, 海賊版配信サイトへの広告配信の差止め要請などを含む, 海賊版配信サイト運営にかかるシステム全体への法的措置のありかたへ議論が進むことを望みます.

平成 30 年 4 月

情報処理学会インターネットと運用技術 (IOT) 研究会

※この声明は平成30年4月に作成しましたが,発表するにあたり情報処理学会の了解を得る手続きが必要となり,同年10月に発表しました.

IOTS 2018 冠賞募集要領

第 11 回 インターネットと運用技術シンポジウム (IOTS2018)

~ IoT と IOT(IoT とインターネットと運用技術) ~

冠賞への協賛のお願い

情報処理学会インターネットと運用技術研究会 (以下、IOT 研究会) は、インターネットの基盤 を支える各種技術および情報システムの運用に関する理論と事例・ベストプラクティス、ネット ワークアプリケーションや応用事例、組織における業務の IT 化とその統制、さらにネットワーク 社会のさまざまな現象やその社会科学的考察といった幅広い内容の研究、技術の発展および普及、 ならびに研究者、技術者相互の連絡および協力を促進することを目的として活動しています。

IOT 研究会ではこのたび、第 11 回となるインターネットと運用技術シンポジウム (IOTS2018) を次のようなテーマで開催いたします。

  • IoT デバイスの活用と運用管理
  • IoT 活用を支えるインターネット技術
  • セキュアな IoT 環境のための運用管理技術
  • システム運用管理技術と AI
  • その他、IoT や IOT に関連する話題

本シンポジウムでは、サイバー社会の基盤たるインターネットと情報システムの運用技術に関する 貴重な研究発表の場として、実務に携わる多くの研究者・技術者からの論文の投稿および発表を募集しており、優れた論文および発表について表彰を行っております。

今年度のシンポジウムにおいても、IOTS2016より開始された企業協賛による「冠賞」制度を実施いたします。本制度は企業のスポンサーシップのもと、特定分野のとくに優秀な論文・発表に対して表彰するものです。この制度により、協賛企業各社様の存在感を高めるとともに,各社様が得意とされる分野の研究推進を促すことを期待しています。

申込方法

冠賞に協賛頂ける場合は、IOTS2018プログラム委員会 (iots2018あっとmail.iot.ipsj.or.jp)宛に以下を記載の上、ご連絡ください。(あっとを@に読み替えてください。)

  • 企業名
  • 冠賞受賞対象領域: 研究分野,研究テーマ(*1)
  • 受賞者への賞品(*2)
    以上の項目につきましては、IOTS2018のWebページに掲載させて頂きます。
  • 想定する受賞対象者: 学生のみ/一般のみ/すべて対象
  • 想定する受賞対象発表: フルペーパーのみ/WIP・LT発表のみ(*4)/すべての発表
  • 選考方法(*1): 論文審査のみ/プレゼンテーションのみ/論文審査+プレゼンテーション
  • 賞状の有無(*3): 有 / 無
  • ご担当者氏名
  • ご担当者所属部署等
  • ご担当者連絡先メールアドレス
  • その他連絡事項

(*1) 当該冠賞の研究分野・研究テーマの設定、選考等については、ご提供企業ご担当者とプログラム委員会とで協議して決定させて頂きます。
(*2) 賞品は物品に限らず,ソフトウェアライセンス1年分や,機器の貸与などでも可とします。
(*3) プログラム委員会/実行委員会では冠賞向けの賞状は用意いたしません。賞状を授与する場合には,各社様側で準備をお願いいたします。また、可能であればシンポジウム閉会式での表彰に同席して頂けますと幸いです。
(*4) WIP (Work in Progress)・LT (Lightning Talk)発表については,発表件数により募集しない場合がございます。

申込〆切: 平成30年11月16日(金)

本件に関するご質問・お問合せは、以下IOTS2018プログラム委員会までお願いいたします。

iots2018あっとmail.iot.ipsj.or.jp(あっとを@に読み替えてください。)